不動産を利用した投資信託|コンサルティング会社のサポートで安心なアパート投資

コンサルティング会社のサポートで安心なアパート投資

不動産を利用した投資信託

ウーマン

初心者にも分かりやすい

みんなで大家さんは名前からすると不動産経営のようですが、投資信託の一種と考えたほうが良いでしょう。出資者が1口100万円ずつ資金を出し合い、その資金で運営会社がホテルや商業施設や複合型ビルを経営します。もちろん収益が出れば出資者に還元されます。投資商品ごとに想定利回りは異なりますが、おおむね6〜7%程度になっています。自分でアパートやマンション経営をした場合は、表面利回りが10%以上になることもあるため、みんなで大家さんの収益性が特に優れているわけではありません。しかし不動産を管理するノウハウが不要で、比較的少額の資金でも始められるという特徴があり、初心者にも分かりやすいシステムになっています。

短期の資金運用に

みんなで大家さんは平均運用年数が3年と短く、譲渡も可能なことがメリットのひとつです。一般に不動産経営には多額の初期投資が必要で、運用期間も長期になりますし、その間の管理にも予算や人手がかかります。みんなで大家さんは面倒な手続きを運営会社に一任できることもあって、短期的な資金運用には特に向いています。投資商品である以上は、みんなで大家さんにもリスクがないわけではありません。とはいえ優先劣後方式による出資金の保証など、安全性を高める工夫がなされており、現在まで安定した運営が維持されています。銀行預金では満足できないが、ハイリスクな株式やJ-REITに投資するのは怖いという方は、検討してみる価値があるでしょう。