賃貸物件を所有すること|コンサルティング会社のサポートで安心なアパート投資

コンサルティング会社のサポートで安心なアパート投資

賃貸物件を所有すること

レディー

オーナーのメリットと負担

賃貸物件を所有することのメリットは、なんといっても家賃収入が得られるということです。定期的に収入を得る方法として現在注目されています。一方で、借り手とのやり取りや、建物の管理、メンテナンスといった賃貸管理業務が発生します。その賃貸管理業務を負担に感じるというケースも少なくありません。その負担を減らす方法として、多くのオーナーが利用しているのが、賃貸管理を外注するという方法です。賃貸管理を請け負う業者があり、そこと契約することで、賃貸物件の管理をすべて任せることができます。これならば、部屋の借り手との話し合いや、設備の不具合などで、オーナー自身が煩わされることがなくなります。そして、家賃はしっかりと得ることができます。

契約する前に調べること

賃貸管理を業者に任せると、費用が発生します。賃貸管理費用があまりにもかかりすぎると、家賃収入が少なくなってしまいます。そこで、依頼した場合には、どれくらいかかるのかを事前に調べることが重要です。各業者に見積もりを依頼するなどすれば、調べることができます。また、賃貸管理の具体的な内容もチェックする必要があります。入居者募集や、建物内の掃除、メンテナンスなど、頼みたい業務がすべて含まれているのかを確認することが大切です。これから新しく賃貸物件を建てる場合には、建築と、完成後の賃貸管理を一括して任せることができる業者を選択するという方法もあります。このような業者の多くは、建築前に、収入や支出などをあらかじめシミュレーションしてくれます。そのため、将来の見通しを立てやすいというメリットがあります。